婚活・・がんばりました

私は現在32歳の主婦で、2歳の子供がいます。
私は30歳を目前にして結婚しました。
そんな私の、婚活の記録を書こうと思います。

私は今まで、何人かの人とお付き合いしては別れ、20代が終わりになりかけているときに、誰も付き合っている人がいませんでした。
年齢としては結婚適齢期、または適齢期をすこし過ぎている状態です。
でも家と職場の往復の毎日なので、特に出会いもなく、焦りばかり募る日々でした。

そんなとき、私の高校時代の友人から、結婚するという報告を受けました。
堅実で真面目な人柄の彼女は、今まで男性と付き合ったことさえありませんでしたが、急な結婚報告ということで大変驚きました。
彼女は「婚活しました」と照れながら私に告げました。
聞けば、結婚相談所に登録し、お相手の男性は、結婚相談所でスタッフに紹介してもらった人、とのことでした。
そのとき私は、「婚活」という言葉を意識しました。

彼女から紹介を受け、彼女が登録していたという結婚相談所に登録しました。
紹介割引が効いたとはいえ、登録料だけで10万円くらいかかりました。
その相談所は、顔写真を含めた自分のプロフィールを登録し、そのプロフィールを気に入ってくれた男性が、紹介所を通じて私に郵送でコンタクトを求めてくる、といったシステムでした。
そして、それとは別に、事前に行った性格診断の結果から、自分に合う男性のプロフィールをコンピューターがマッチングしてくれて、そのかたのプロフィールも毎月4通送られてきました。
女性側も同じシステムで、メンバーの男性のプロフィールを検索し、気になった男性がいれば紹介所を通じてそのかたにコンタクトを取ってもらえるというシステムでした。
しかしメリットのようなデメリットのような特異な方式で、お互いのプロフィールのみは、自宅のパソコンや郵便物で知ることができるものの、相手の顔写真だけは、相談所まで直に行かないと見られない、というシステムでした。
相談所メンバーの男性とはいえ、不特定多数に私の顔を自宅で閲覧されたくないけれど、同じように私が男性の顔を知ることも困難でした。相談所まで電車で片道45分かかったので、毎週のように通うと金銭面がかなり負担が大きかったです。

3~4ヶ月ほど経ち、私も気になる男性を見つけ、そのかたと2回デートをしました。お相手は、とても真面目そうなかたでした。水族館や遺産巡りが好き、と仰っていましたが、たとえばカラオケやゲームセンターなど、いかにも「娯楽」なことが好きな私とは合わない気がしました。
でももう後がないし我がままを言っていられえる年齢でもないので、お相手が告白してくれたら私もOKを出そうと思っていましたが、そんなことも無く、次の約束はあやふやになり自然消滅になりました。

結局、相談所は5ヶ月ほどで退会し、その後ベタですが友人の紹介で知り合った男性と結婚しました。
婚活は金銭面もきつかったし、精神面でも大変疲れたけれど、底の見えない婚活が終わってほっとしています。

職場恋愛でいいなと思ったカップル

職場や学校の出会いは、自分が恋愛するのはあまり好きではありませんが、可愛くて誰にでも笑顔で愛きょうのある女性や、顔立ちがはっきりしていてカッコいい男性同士なら、職場で噂になっても公認されているような気がして、自分はいいなと憧れます。
元職場で、私が入社した後に入って来たので後輩になりますが、同い年の中国の女の子がいました。アルバイトでまだ学生でしたが、美人で接客が慣れているのか、研修も2週間程度で上がってしまい、周りからすごいと言われていました。
友達と交えて行動したことがあるけれど、同い年なのに甘えず、先輩目線で接してくれて、はっきり物を言ったり積極的すぎるのは驚きましたが、裏表なくて悪い噂は聞いたことがありませんでした。
1年経った頃、噂でちょっとがたいの良い、どちらかというとモテなさそうな上司と付き合っているという話を聞いた時は、どっちが告白したのだろうと思いましたが、翌年には某俳優さんに似ている2つ年下の職場上の先輩と付き合っていました。
次々に乗り換えているのかと思ってしまいましたが、男性の方からアプローチした様子でした。
ある日、職場で二人一組でサービスをしなければならなかった時、このカップルが一緒に組まされており、やらせにも見えました。
中には、いつもはきっちり仕事をするのに、好きな人の前では目がハートになってしまう女性がいましたが、このカップルは素晴らしいほどに仕事中の仕事をきちんとしていました。
夫婦であるかのように、段取りもちゃんとしていて、敬語で話していました。
卒業が迫った頃、お互い就職先が大手に決まっており、遠距離になるので寂しいと女性の方から聞きました。
大丈夫なんじゃないかなと思いましたが、男性の方が東北に行くと聞いたので、震災もあったし、今はどうしているか気になるところですが、今までで見た良いカップルでした。

日本で私を待っている彼氏と海外留学中に出会った彼氏

私は日本で人生で初めて本当に大好きな彼氏に出会いました。
しかし一番ラブラブな時に私が海外留学に行くことが決まってしまいました。
その時私は留学に行っても彼氏と別れない自信があったし、彼氏も帰ってきたら結婚しよう、一生一緒にいようといってくれ、海外へ旅立ちました。
しかし留学先についてからは、今までのように毎日連絡を取れず多忙な生活で自分自身以外のことを考えられない状態になっていました。
話が通じなくて、自分が思っていることを友人や先生に伝えることもできず、彼氏に相談しても楽観的な意見しか帰ってこず、とうとう彼氏と連絡することをあきらめたしまいました。
そんな時にそばで私の相談相手になってくれたほかの国から来ている留学生に心惹かれていきました。
彼は英語と中国語を流暢に話せ、わたしも中国語と英語が話せたので、言いたいことはすべて伝えられるような関係で私の安らぎの場でした。
日本にいる彼氏に悪いとは思いながらも、彼とデートを重ねていきました。
2か月ほどたったころ、留学先の彼に
「日本に彼氏がいるのは分かっている。でも君のことが好きなんだ。日本の彼氏のように君を泣かせたりしない。
俺と一緒にいてくれないか。」と告白され了承してしまいました。
その日に日本の彼氏に連絡し別れを切り出しました。
そこで私が予期していなかった答えが返ってきました。
彼は私が留学に行ってから、私が帰ってきたときに私が満足のいく結婚式を挙げるために、仕事の後バイトを入れ、働きすぎで体調を壊し今入院している。
だから連絡ができなかったと。
私と電話してる間も辛そうで、私の為にこんなに頑張ってくれたのに、私はどうして信じられなかったのか、と思いましたが、別れることをこの時は心に決めていたので、それでも別れると告げました。
すると彼は私の気持ちが変わるまでずっと待っている、私に伝え電話を切りました。
それから私は留学先の彼と付き合い始めたわけなのですが、どうしても日本の元彼のことが忘れられませんでした。
一緒にご飯を食べたり、映画を見たり、違う国で、風景も全く違うのに、日本でのデートを思い出してしまい、4か月ほどで留学先の彼氏とも別れ、冬休みに帰国することを決めました。
日本につくと空港先で見覚えのある人がずっと誰かを待っていました。
わたしが近寄っていくと私の名を呼ぶ、元彼がいました。
彼は私の友人から帰国日を聞いて迎えに来てくれたのです。
今は日本の彼氏と幸せに過ごしています。
何かつらいことがあっても、彼を傷つけたり、離れたことを今では本当に後悔していますが、また一緒になれて本当によかったと思います。
また留学先で授業が始まり、彼とは離れ離れになってしまいますが、今度は絶対に手放さないようにしたいです。

年下の男性との恋愛談

現在、私は、43歳です。
7歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子を育児中の主婦です。
実は、私は、主人と出会う前に、3人の男性とお付き合いをした経験がありました。
その3人目の男性との恋愛について、お話ししたいと思います。

3人目の男性とは、私が31歳の時、5月のゴールデンウィークからお付き合いを始めました。
当時、東京都の小学校教諭をしていた母が、同僚の彼を紹介してくれたのです。
彼は、私より5歳年下で、パク・ヨンハに似たイケメンでした。
母は、私が彼とお付き合いする前から、私の写真を彼に見せていました。
彼は、私の写真を見て、私を気に入り、ずっとあこがれてくれていたのです。
ですから、彼とお付き合いを始めた時は、ものすごく彼が私に夢中でした。
お付き合いを始めてから2回目のデートで、私たちは、手をつなぎました。
そして、別れ際に、彼のアプローチが強く、キスをしました。
私の誕生日である5月28日に、二人でお台場へデートしました。
その帰り際、彼は、私を彼のアパートに誘ってきました。
そして、付き合い始めて一ヵ月も経っていないのに、肉体関係になりました。
しかし、私も彼に夢中でした。
是非、彼と結婚したいと思っていました。
彼とお付き合いをして一年が経とうとした時、私は、彼に「そろそろ結婚を考えたいから、両親に会って欲しい。」と伝えました。
私は、30歳を過ぎていましたので、出産や子育てのことも考え、できるだけ早く結婚したいと思っていたからでした。
彼は、私の両親に会ってくれました。
しかし、その一週間後のデートの時、彼が少し浮かない顔をしています。
二人で映画を見た後に、彼は、「あまり、いい話しではないのだけれど・・・。」と突如、ポケットから一枚の紙を取り出して私に見せてくれました。
それは、離島(八丈島や小笠原諸島など)にある小学校移動の辞令でした。
八丈島や小笠原諸島などの離島は、東京都に入るのです。
離島への移動は、彼の意に反することでした。
彼は、離島へは、私を連れていけないから結婚できないと言いました。
お互いに結婚しようかという時に、離島への辞令をもらった彼は、プライドを傷つけられたのと同時に、私との結婚への不運を感じ、すっかり落ち込んでしまったのです。
後日、彼は、私に別れを告げてきました。
結局、私は、彼と別れました。
彼と別れた日は、悲しいことにクリスマスイブでした。

今思えば、別れは、悲しかったですが、いい思い出だけを私の心の中に秘めておこうと思います。

誰も知らない不倫関係です

今年に入って、昔の職場で仲の良かった同僚と良く会って食事をするようになりました。

きっかけは彼からの連絡で、お互いに家庭があるので2人だけの秘密になっています。

一緒に働いているときから恋愛感情はありましたが、その当時の彼と別れて結婚をする程でもなかったんですよね。私が退職した後に会えなくなるのが寂しかったので、連絡先を交換しただけの関係でした。

何年かお互いに連絡すらしない時期がありましたが、テレビで不倫のドラマが話題になった頃、何となく彼を思い出したんですよね。

どうしてるかなって気になっていたら、突然彼から連絡があって食事に誘われました。

久しぶりのデートは食事だけ、ホテルにも誘われましたが何となく乗り気でなく断ったのを覚えています。それからまた1年くらい音沙汰ない状態だったので、寂しいけど終わったかなと思っていました。

また何となくどうしてるかなと思った頃、1年くらい経って彼から連絡があり、今度は食事の後に誘われるままホテルにも行きました。

旦那に悪いなと思いながらのセックスで、後から聞いた話だとため息が多かったようです。

次のデートは急に女の子日になってしまい、食事とお茶だけで過ごしましたが、彼の想いを聴くことの出来た1日になりましたね。次はため息をつかないでと言われ、吹っ切らないとと思うようになりました。

最近は旦那が行きたがらないパンケーキのお店や、平日限定のランチに出掛け、割り切った不倫関係を続けています。
バレないように気をつけないと。

わたしの出会い系サイトの体験談

わたしは、大学生の頃から出会い系サイトで彼や男友達をつくってきました。
その中で実際お会いした人数は30人以上います。

その中でもお付き合いをすることになったのは7人くらいいます。
付き合い期間は1ヶ月から5年と様々ですが、出会い系での出会いは危険とか、怖いとか、いい人がいないという先入観がある人が多いと思いますが、しっかり見る目があれば結構いい人ってゴロゴロいます。

それに、おすすめ出会い系サイトでは普段は絶対に会えることがなかったような職種の方や年齢の方にも出会えるチャンスもあります。

実際わたしは年上が好きで、尊敬できるような相手を探していました。そんなときプロのスポーツ選手を目指している方と出会いました。
年齢は約一回り離れていたのですが、とても新鮮でした。
その他にも、元モデルという経歴の持ち主もいました。その方は身長190センチ近くで、顔も凄く整っていてスーツを着てその方が現れたときはわたしはドラマの中の主人公なんじゃないかなという気持ちにもなりました。その方とは、1年半付き合いました。

わたしは身長が低いのでその方と歩いているとかなり身長差がありました。
街を歩いていたり、駅を歩いていると色んな人に振り返られたりジロジロ見られたりしました。

なんだか、それがまたさらに自分がドラマの主人公のような芸能人になったような気持ちになっていたのを今でも覚えています。
その後も結婚相手も出会い系で探しました。真面目系な婚活サイトといったようなものでしょうか。

そういう出会い系でも、軽い感じのものから真剣に結婚相手を探しているような真面目系なサイトもあるので、自分にあったサイトをまず見つけることをお勧めします。

猛アタックしてつきあった年上の彼

まだ20代前半だったころ、飲食店でバイトをしていたわたしは、お客さんとして来ていたある男性にひと目ぼれ。
なんどもそれとなく近づいて話しかけたりして、猛アタックしてなんとか一回目のデートの約束をとりつけることができました。
わたしは舞い上がって、豪華なお弁当を作り待ち合わせの公園へ。彼は40代前半。若いわたしに対してはまんざらでもない様子でしたが、自分から「つきあって」と言うなど決定打を打つ様子はありませんでした。
焦ったわたしは自分から告白し、なんとか彼氏、彼女の関係になることができました。
デートはもっぱら、都内にある彼のマンション。週末に行って、掃除をしたり、ご飯をつくったりして、通い妻のようなことをしていました。時々旅行に行ったりもしました。
わたしは彼が始めて付き合った人ということもあり、この状態で十分楽しく、ずっとこの関係が続けばいいと思っていました。
ところが一年たったころ、2人の関係がわたしの両親にばれ、両親は大激怒しました。「今すぐその彼を家につれてこい。できないなら、別れなさい。」そういわれたわたしは、泣きながら彼に電話で事情を説明しました。「両親に会ってほしい」と。
すると彼はなんと「それはできない」と言うのです。「君とのことは遊びで、一時の関係のつもりだった。だから別れよう。」
とてもショックで、3日ほどご飯も食べられませんでした。それきり、彼とは会ってません。
今思うと、あのときは「恋に恋していた」状態でした。
アラサーになった今では、彼はなんとなくわたしにおされて付き合っただけで、それ以上のものはなにもなかったんだなとわかります。
わたしも、彼にたいする心残りはもう1ミリもなく、(逆に思い出すとちょっと気持ち悪いくらい笑)今の旦那と幸せな結婚生活を送っています。

心変わりは一瞬で起こるものです。

25歳の時、よく行っていたダーツバーがありました。そこは、表向きは漫画喫茶なのですが、ダーツスペースもあり、バーカウンターもあり、テレビゲームができるようになっていたり、お金持ちの友達の家のような場所でした。店長も魅力的な人で自然と常連が集まる、そんな場所でした。

私もSNSで出会った場所でしたので、初めての来店こそ緊張しましたが、友達も増え、店に行くのが楽しみになっていました。そんな中、1人の男性と出会いました。

歳は6つ上。車の営業マンをされていて、見た目からも優しさが伝わってくるような人でした。恋愛としては全く眼中になかったのですが、偶然2人で話す機会ができました。

当時、私には片思いしている相手がいました。その人をお店にも連れて行ったりも、していました。その相談を彼に持ちかけたのです。連絡は取っていて、相手は私の気持ちに気付いているのだけど、もう少し待っての一点張り。いつまでまてばいいのか、待ったらいい返事がもらえるのか、どうしたらいいのか分からない状態でした。

その話を聞いて彼は、優しくフォローしてくれるのかと思いきや、
それは都合いい女にされているよ!

とぐさっと…。

私も内心感じていたことを直球で言われてしまったのです。男目線の話を聞いていると段々と確信に変わる私。好きな人に対して不信感を抱くようになってきていました。それと同時に、彼の思わぬギャップに萌えてしまったのです。

それから後、好きな人ときちんと清算をして、年上の彼とお付き合いすることになりました。

恋は盲目とはこのことですね

私は現在30代後半の主婦。こんな私が10代後半から3年間お付き合いした彼との話です。

その当時大学生だった私と彼との出会いは、彼が私に街中で声をかけてきたこと・・・いわゆるナンパというものです。それまで恋愛経験がほとんどなかった私にとって、ルックスもなかなかでトークの上手い彼は魅力的な男性に感じました。そんな彼は私より3つ年上にも拘わらず、高校を卒業してからずっとフリーターを続けているという、はっきり言えば”恋してはいけない相手”だったのです。

そんなフリーターの彼ですから、お付き合いを始めてからもいつもお金がありません。デートでかかる食事代や映画や遊園地などのチケット代、ホテル代等すべて私が払っていましたし、電話代もないということで、いつも私から彼の携帯に連絡していました。冷静に考えればここでお付き合いをやめればいい話なのですが、恋は盲目という通り、こんな貧乏彼氏の交際費すべてをいつのまにか私が支払うことに私自身も納得してしまっていたのです。

とは言っても私も大学生ですし、それほどお金に裕福なわけではありません。最初の頃は貯金を切り崩して交際費に充てていたものの、そんな生活も長くは続かず・・・結局私は彼とのお付き合いを続けたい一心で風俗にまで手を伸ばしてしまいました。

風俗でアルバイトするようになってからは交際費を支払うのも苦ではなくなりましたが、こんな自堕落な生活を続けては自分が破滅してしまう・・・といつの頃からか感じ始めた私。結局その彼とは大学卒業で実家に戻ることをきっかけにお別れしました。今振り返ってもあれは若気の至り、恋は盲目な恋愛でした。

7年間忘れられなかった人

その人と出会ったのは中学3年生の時でした。
出会いは神戸の三ノ宮に女友達と二人で遊びに行った時に二人組の男の子に声をかけられたのが最初の出会いでした。

ナンパしてくるぐらいだし、どうせ遊んでる人やろなー。と思いながらもカラオケに行く事になり普通にカラオケをして、その日は帰りました。

その日の夜から毎日、電話がくるようになり、また4人で遊ぶ約束をし、だんだんと仲が深まっていったのですが。どうしても見た目からしても遊んでる人にしか見えなかったので完璧には信じる事が出来ないまま日がたちました。

毎日毎日電話をくれ次は二人で会おうという事になったので、そこ頃くらいから私も意識しだしていたので二人で会うことにしました。

相手は高校生なの本当に高校生かな?と思うほど出来た人でした。相手の事を1番に考え優しく見た目とのギャップがあり、とても良い印象でした。

出会ってから1か月ほどたち告白され付き合いだしました。
毎日が本当楽しく。春は遊園地。夏は海に行き秋は紅葉や水族館。冬は神戸でイルミネーションや旅行。

3年間いろんなところに行きました。
そして1番記憶に残っているのは付き合ってから8ヶ月間1度も手を出してこなかった事です。
本当に大切に大切にしてもらいました。

相手は3つ上でしたので私が高1の時に相手は専門学校へと進みました。
私は女子校、相手は男子校だったので男子しかいないので安心だったのですが専門学校では美容専門学校へと進んだので女子もいるのが不安で不安で。

よくケンカもしました。
でも彼は、いつも私1番でした。

月日がたち彼は社会人になり美容院で働くようになりました。
親公認の仲で誰もが結婚すると思っていた2人でした。

彼は神戸の須磨に住んでおり。私は兵庫県の尼崎。近いようで遠い距離でしたので。
一緒に住んだほうが良いねと話していた頃でした。

帰宅途中にチカンにあい。地元の駅では無理やり車乗せられたり。次々と最悪な事があり。男の人なんて、こんなもんなんやと。頭の中が、おかしくなり狂いまくってました。家からも出れなくなったり。彼には、こんな事を言えない。

純粋で真っ直ぐな人でしたので。こんな汚れた私なんて。と自暴自棄になり。

その人とは別れました。

別れてから7年間ずっと、その人の事が忘れられなかったです。

今回、恋愛体験という事ですが、もう1つ伝えたい事もあり書かせてもらいました。
あの辛い体験をし今でも思い出したら辛く。その時は軽い気持ちで男の人は、するのかもしれませんが。

30すぎた今でも辛く。恐怖が付きまとっています。辛い経験をした女の子は心に傷をおっています。女の子は男の人よりも力も弱く抵抗しても勝てません。どうか、そんな事はしないでほしい。女の子の人生を狂わせないでほしいと思います。