婚活・・がんばりました

私は現在32歳の主婦で、2歳の子供がいます。
私は30歳を目前にして結婚しました。
そんな私の、婚活の記録を書こうと思います。

私は今まで、何人かの人とお付き合いしては別れ、20代が終わりになりかけているときに、誰も付き合っている人がいませんでした。
年齢としては結婚適齢期、または適齢期をすこし過ぎている状態です。
でも家と職場の往復の毎日なので、特に出会いもなく、焦りばかり募る日々でした。

そんなとき、私の高校時代の友人から、結婚するという報告を受けました。
堅実で真面目な人柄の彼女は、今まで男性と付き合ったことさえありませんでしたが、急な結婚報告ということで大変驚きました。
彼女は「婚活しました」と照れながら私に告げました。
聞けば、結婚相談所に登録し、お相手の男性は、結婚相談所でスタッフに紹介してもらった人、とのことでした。
そのとき私は、「婚活」という言葉を意識しました。

彼女から紹介を受け、彼女が登録していたという結婚相談所に登録しました。
紹介割引が効いたとはいえ、登録料だけで10万円くらいかかりました。
その相談所は、顔写真を含めた自分のプロフィールを登録し、そのプロフィールを気に入ってくれた男性が、紹介所を通じて私に郵送でコンタクトを求めてくる、といったシステムでした。
そして、それとは別に、事前に行った性格診断の結果から、自分に合う男性のプロフィールをコンピューターがマッチングしてくれて、そのかたのプロフィールも毎月4通送られてきました。
女性側も同じシステムで、メンバーの男性のプロフィールを検索し、気になった男性がいれば紹介所を通じてそのかたにコンタクトを取ってもらえるというシステムでした。
しかしメリットのようなデメリットのような特異な方式で、お互いのプロフィールのみは、自宅のパソコンや郵便物で知ることができるものの、相手の顔写真だけは、相談所まで直に行かないと見られない、というシステムでした。
相談所メンバーの男性とはいえ、不特定多数に私の顔を自宅で閲覧されたくないけれど、同じように私が男性の顔を知ることも困難でした。相談所まで電車で片道45分かかったので、毎週のように通うと金銭面がかなり負担が大きかったです。

3~4ヶ月ほど経ち、私も気になる男性を見つけ、そのかたと2回デートをしました。お相手は、とても真面目そうなかたでした。水族館や遺産巡りが好き、と仰っていましたが、たとえばカラオケやゲームセンターなど、いかにも「娯楽」なことが好きな私とは合わない気がしました。
でももう後がないし我がままを言っていられえる年齢でもないので、お相手が告白してくれたら私もOKを出そうと思っていましたが、そんなことも無く、次の約束はあやふやになり自然消滅になりました。

結局、相談所は5ヶ月ほどで退会し、その後ベタですが友人の紹介で知り合った男性と結婚しました。
婚活は金銭面もきつかったし、精神面でも大変疲れたけれど、底の見えない婚活が終わってほっとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です